• HOME
  • BLOG
  • JC活動
  • 第一回トロンボーンのおもちゃ箱~トロンボーン奏者・田中裕香さんに一目ぼれ。

第一回トロンボーンのおもちゃ箱~トロンボーン奏者・田中裕香さんに一目ぼれ。

皆さんこんにちは。元音大生の起業家 城谷麻美(@mamimusik)です。

(自身のFacebookの投稿から引用/リライトしています)

ちょっとお酒を飲んでいい気分なので、語ってもいいですか?
(青年会議所の会議が上手く行って気分がいい)

2018年12月23日、写真の通り梅田のドルチェ楽器で「トロンボーンのおもちゃ箱」という演奏会が開催されます。私はそのマネジメントを担当します。

もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれないのですが、私の恩師山下浩生先生が主催のコンサートです。数々の目玉企画があるのですが、決定したと聞いて個人的に感動して家でひっそり泣いた企画があります。トロンボーンプレーヤーの田中裕香さんと山下先生の共演が実現します。

今日は失礼ながら山下先生の紹介ではなく、私から見た田中裕香ちゃん(私の個人ページではちゃん付けで呼ばせてください)のことをお話しさせてください。

トロンボーン奏者・田中裕香さんに一目ぼれ。

2004年、私は高校不登校になりながらも音楽をしている人に魅力を感じて、音楽家のそばにいるのはどうしたらいいかと考えて音大に進学することを決めました。そんな中、音大入試対策レッスンをきっかけに山下浩生先生の弟子になりました。毎年12月末に山下先生のお弟子さんを中心とした発表会があり、私はそこで裕香ちゃんと出会いました。
その日、人生で初めて「同学年のファン」になりました。恋愛における一目惚れのような感覚といっても過言ではありません。

一目惚れをしました。

演奏がうまい、その理由が陳腐に感じるほどひきこまれる何かを感じました。裕香ちゃんは日本国内最高レベルの東京藝術大学を首席で卒業(この紹介が嫌になるほど彼女は人として魅力的)し、航空自衛隊の音楽隊に所属。

私の知っている裕香ちゃんは「宝塚歌劇団」の大ファンの女の子!
いつか宝塚歌劇オーケストラに入団したら裕香ちゃんの夢が叶うんじゃないかな、と高校生の頃参加したトロンボーン発表会の打ち上げで裕香ちゃんがキラキラした目で山下先生と宝塚歌劇の公演チケットの話をしているのを目の前で聞いて勝手に思っていました。(今さらですが、山下先生は宝塚歌劇オーケストラのトロンボーン奏者。それから、裕香ちゃんの夢だったかどうかは知らない。私が勝手に考えていただけ)

師匠と弟子が同僚になるという奇跡。

去年宝塚歌劇オーケストラのトロンボーン奏者の募集があり、裕香ちゃんのことを思い出しました。ドラマや映画の世界の主人公のように、裕香ちゃんは宝塚歌劇オーケストラのトロンボーン奏者オーディションに合格。今年1月から山下先生と「同僚」になりました。

山下先生や裕香ちゃんを知らない方は、だからなんだ?と思うかもしれないのですが、いわゆる「縁があればいつかどこかで出逢う」という言葉が身近で実現したということです。

音楽大学同世代ならわかる、この奇跡。

そんな私にとって思い入れのある裕香ちゃんと山下先生が、12月23日にドルチェ楽器で共演します。私が裕香ちゃんに一目惚れした発表会から14年。厳しいといわれる音楽業界でお仕事で再会します。

  

鮮明なチラシデータはこちら→トロンボーンのおもちゃ箱チラシ

2007年前後に音大入学をした音楽人は、この共演を夢の共演だと共感してもらえるのではないでしょうか。

そして、コンサートには普段いかないけど「感動しい」の方は、23日梅田のドルチェ楽器にお越しください。マネジメントはお仕事でしているので、起承転結間違いがないか穴が開くほど確認しますが、この投稿は完全に衝動で書いています。

お酒飲むと、感動しいに拍車がかかるみたい。
あと、裕香ちゃん勝手に書いてゴメン!間違った情報あったら教えてね!

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします☺
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。