【HSP】大切な人が、HSP気質だったら。

皆さんこんにちは。元音大生の起業家 城谷麻美(@mamimusik)です。

先日、以下のツイートを発信しました。

わかってほしいけど、1人でいたい

#HSP

 

 

今回は HSP気質の人の心の声について、お話します。

今回のお話は、こんな人におすすめです。

こんな人におすすめ

  • HSP気質を持つ人
  • 彼氏・彼女・家族がHSP気質な人

 

それでは、今回は説明というよりも、私の実体験として書いていきます☺

 

【HSP】わかってほしいけど、1人でいたい。

HSP気質がある人すべてに当てはまるわけではありません。私自身の経験談として読み流してもらえたらと思います。

HSPという言葉の意味については、ここでは飛ばします。
詳しく書かれているサイトをご覧ください。

「一人でいたい」「人といると、どっと疲れる」そんな気持ちが常にあります。
恋人といても、家族や友達といても、その気持ちは無くなりません。それがHSP気質の一つです。

HSPならではの疲れる理由がたくさんあるからです。

HSP気質の人が疲れを感じるとき

  • 人が立てる音に敏感である。
  • 生活音が気になる。
  • 苦手な音や匂いがある。
  • 苦手な声がある。
  • 苦手な表情がある。
  • 相手の心が読める気がする。

※個人差があります

挙げてもキリがありません。そのくらいHSP気質の人は、繊細で敏感です。
というわけで、HSP気質の人は自分なりの癒しを探すことを好みます。

私の場合、ざっと書くとこんな感じです。

  • 金属音が苦手
  • 早口で高めで大きな声で話す人が苦手
  • 柔軟剤の匂いが苦手
  • 化粧品の匂いが苦手
  • 香水が苦手
  • お金をくしゃくしゃに折りたたんでいる人が苦手
  • 楽譜にごちゃこぎゃ書き込むのが苦手
  • 化学繊維が苦手
  • 化学調味料が苦手
  • ガソリンの臭いが苦手
  • エンジンの音が苦手
  • 狭い空間に人といるのが苦手

学生の頃は

  • 教室が苦手

でした。人と人との距離が妙に近く、休み時間の音も辛く授業中の静けさも苦手でした。

苦手なものが多いです。
ただ、避けることが出来るので何とか生きています。

HSP気質の人が癒されるもの

  • 自然の匂い
  • 木のスプーンやお皿を使う
  • クラシック音楽を聴くこと
  • 動物と触れ合うこと
  • 植物を育てること
  • 海を眺めること
  • 山を登ること
  • ハーブティーを飲むこと
  • 自然素材の布などに包まること
  • ふわふわしたぬいぐるみ
  • アロマオイルを使う

※個人差があります

ざっと書いただけですが、自然や動物・植物、そして好きな手触りのものを近くに置いて
自分好みの空間を作り、1人になる時間を多くとって疲れを癒します。

 

大切な人がHSP気質とわかったら

例えば、恋人と久しぶりに会って、素敵なレストランに行ったとします。
空間は素敵でも、お皿とフォークやナイフが当たる金属音に気が参ってしまいそうになるんです。
目の前に愛する人がいてもです。

恋人が悪いわけではないんです。ただ、自分の耳と心が敏感なだけです。
美味しい料理と素敵な空間、そして目の前にいる愛する人との空間さえも「音」が気になってしまいます。

人によりますが、もし大切な人がHSP気質であれば、席と席が離れたカフェやレストラン
川や鳥の声が聞こえるような場所、自然の音が聞こえる場所に連れて行ってあげてください。

きっと大切な人が大切な人らしくいられる場所なので、心と心が繋がるでしょう。

 

今回は、 大切な人が、HSP気質だったら。HSP気質の人の心の声ついて でした。参考になればうれしいです☺

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします☺
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。